クラウドファンディングで事業資金を集めることの利点

クラウドファンディングを通じて広がること

聞いたことのあるプロジェクトも、クラウドファンディングだった

クラウドファンディングとは、資金調達の一つです。 これから起業する人にとって、資金集めは企業の第一歩と言ってもよいのではないでしょうか。 それくらい重要な事なのです。 ではクラウドファンディングとは具体的に、どのような事なのか説明していきたいと思います。

クラウドファンディングとは

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞のきっかけとなったIPS細胞。
このIPS細胞の発見は今後の再生医療に大きな一歩を踏み出し、これからも期待が寄せられていくことでしょう。
そんなIPS細胞も、クラウドファンディングが関わっていたのをご存知でしょうか?
研究に必要な資金集めのために活用したのが、クラウドファンディングだったのです。
クラウドファンディングがなければ、IPS細胞の発見もなく、医療業界全体において大きな影響を与えることも、無かったのかもしれません。
このような寄付の呼びかけも、クラウドファンディングの一つです。

日本でクラウドファンディングが始まった2011年は、東日本大震災があった年でもありました。
被災地の復興にも、クラウドファンディングが多く活用されています。
例えば仮設住宅に住む子供たち向けの遊び場を、クラウドファンディングで資金集めしたプロジェクトがありましたが、わずか2日で目標金額の100万円が集まり、最終的には200万円を超える資金が集まって、プロジェクトが成功した例もあります。
これらは寄付型のクラウドファンディングですが、企業に投資する形のクラウドファンディングもあり、応援したい企業や製品に出資することで「参加している」喜びを味わうことができるのです。
ごく一部の頭のいい人たちによって、企業や製品開発が進んでいるイメージもありましたが、クラウドファンディングを通じてそこに自分も一緒に参加できるというのは、すごい事だと思うのです。
ある製品ができるのに、自分も役立っているとなれば、もっと応援したくなりますよね。

クラウドファンディングの広がり

近年、クラウドファンディングは急激に伸びていると言われていますが、どんな種類がどれくらい伸びているのでしょうか? 2017年に実施調査したデータを元に説明していきたいと思います。 また、クラウドファンディングのメリット・デメリットについても調べてみました。

支払い方法と様々なプロジェクト

クラウドファンディングで出資するとしても、どのように出資金を支払えば良いのでしょうか? また、クラウドファンディングを使ったプロジェクトについても調べてみました。 有名人や自分にとって身近なことに関するプロジェクトなど、色々見ていると応援したくなるかもしれません。

TOPへ戻る